0120-34-1124

俺たちの愛車自慢161

2018年11月16日

今回は、自動車工業科2年生のI 君(新潟工業高校出身)の愛車 昭和61年式 ヤマハ TZR250(1KT)を紹介します。

市販レーサーTZ250の本格的なレーサーレプリカモデルとして登場。ホンダ NS250Rやスズキ RG250ガンマ、カワサキKR250など、バブル景気のバイクブームも相まって、各メーカーがレーサーレプリカモデルを次々に市場投入。

TZR250は、アルミ合金製のフレーム&スイング・アーム、そしてフルカウルを装備。水冷2ストローク クランクケース リードバルブ並列2気筒エンジンは、最高出力は45PS/9500rpm 、最大トルク3.5kg・m/9000rpmを絞り出し、先代のRZ250Rを格段に上回る性能で、ファンを魅了しました。

 

さてさて、I 君のTZR250は友人から格安価格で譲り受けたもの。・・・その後修理に約半年の年月を要しましたが(笑) その修理個所と言うのは、『レギュレーター交換』『燃料コック交換』『ギヤオイル漏れ』などなど。そして、何と!ギヤオイル漏れの修理は、元オーナーの友人とI 君の二人体制で、コツコツ自宅でオーバーホール!!を実施。 さすが!自動車整備士のタマゴですね(^^)/

I 君にTZR250の気に入っているところは?と聞いてみると、『2ストの暴力的な加速がたまらない・・・です』と。ウンウン分かります(^^)/ 大排気量モデルも良いですが、パーーーーン!とキレのある走りができる2スト250ccモデルは今でも超!魅力的ですよね!!

撮影が終わり、キーをひねると、YPVSの『ミー・ミー』という可愛い音が聞こえてきました(^^)/

カテゴリ

俺たちの愛車自慢 特別編 【先生たちのバイク自慢(^^)/ 】

2018年11月02日

今回は、自動車工業科 I先生の愛車 平成20年式 カワサキ Z1000(ZRT00B)(パールクリスタルホワイト)を紹介します。

先ずはスペックから 🙂 

・車体型式 ZRT00B

・エンジン  ZRT00AE型 953cc 水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブ

・最高出力 92kw(125ps/10,000rpm)

・最大トルク  98.7N・m(10.1kgf・m/8,200rpm)

続いて、購入したキッカケは、2007年11月5日東京モーターショーに行った時に、08モデルが展示されていました。実際にまたがって見ると、ポジションがSS系程、前傾がきつくなく、ネイキッド系程起きていない事が気に入りました。 🙂  今迄乗ってきたバイクは必ずマフラー交換したり改造をしていたのですが、ノーマルのままでも満足できそうなので、それまで乗っていたGPZ900R(通称ニンジャ)をS先生に買っていただき、即買いでした。

 

さて、Z1000の気に入っているところは・・・

・走りたくなるポジションがGood!

・ノーマルの4本出しのマフラー形状と、音(ノーマルでも十分)

・リヤタイヤの幅が190! (流している分には転ぶ気がしません)

・少しペースアップして走った時の、バイクの安定感(挙動が急激でない)

などなど。 

ここ数年は、あまり走れていませんが、たまに乗るとやっぱりバイクはいいなと思います。

最近ヘルメットのシールドをミラータイプにしたのでそれを機会に乗る回数を増やしたいです。

I先生のバイクの車歴(^^)/

高校時代 ブラックゴリラ(ホンダ)→AR50(カワサキ)→KH250(カワサキ)

専門学校 RG250Γ初期型(スズキ)

社会人  乗った順番を思い出せませんが、NSR250 88モデル(ホンダ)

Z400GP(カワサキ) SRX400(ヤマハ) KLX250(カワサキ)

VT250(スパーダ) XLR250(ホンダ)等

限定解除後は、GPZ900R(カワサキ:2台(A2と国内仕様最終)) ゼファー750(カワサキ:2台) ゼファー1100(カワサキ) その後、現在のZ1000に至ります。

 

思い出のバイクについて聞いてみると・・・

学生時代に乗っていた、Γが想い出深いです。(山によく走りに行きました。) でも弥彦でその当時

出たばかりのTZR250に乗った女性ライダーに負けました。(ついていけませんでした) 🙁

SRX400も、とても気に入っていました。最高速は速くなくても、コーナーが楽しいバイクでした。

カテゴリ
次ページ